憧れの住まいと住宅ローン審査

マイホームを購入するのは憧れであり夢であり、そこに暮らす自分や家族の姿を想像すると何とか頑張って憧れの住まいを手に入れたいと思いますよね。ただ、安い買い物ではなくほとんどの人が住宅ローンを組んでの購入になるのですが、この住宅ローン審査に通らなくては夢がかないません。では、住宅ローン審査に通るには何が必要か考えてみましょう。

まず、雇用形態や勤続年数、年収などは当然クリアーできたとしても、あえなく住宅ローン審査に落ちてしまう場合があります。それは何か。ずばり個人信用情報です。この個人信用情報といいますのは、買物やキャッシング、またその返済状況などの内容が過去にさかのぼりある機関ですべて残っています。例えば、月賦で購入したものの返済が何月と何月に支払われなかったとか。もちろんきちんと完済されていれば何の問題もないのですが、延滞してしまった場合に何年かの期間は消えずに残っているのです。この情報はどこの銀行に当たってみても見えてしまいます。延滞が見えてしまうと住宅ローン審査は絶対といっていいほど通りません。

では、どうすればいいのか。延滞してしまった過去があれば一生憧れの住まいは手に入れられないのか。夢をあきらめるのは早いです。長い期間かかりますが、今後一切延滞なく頑張ればいずれその内容も消えてしまいます。この個人信用情報は、本人であれば開示申請できるので、住宅ローン審査に不安がある方は一度申請して、ご自分の情報がどのようになっているのか確かめるといいと思います。住宅ローン審査に通って憧れの住まいを手に入れましょう。

Pick Up

Copyright (C)2017住まい購入は住宅ローン審査から!.All rights reserved.