住まいを買うときの住宅ローン審査について

誰もが、マイホームを持つことは、夢ですよね。庭つきの一戸建ての住まいで、家族で、幸せそうにしている様子を見ていると、自分も早く、あんな生活をしてみたいと思ったりしますね。でも、マイホームをもつには、それなりの資金が必要です。それに、気の遠くなるような、長い住宅ローンも待ってるわけで、なかなか、マイホームを持つみちのりは、遠いといえますね。住宅ローンを組むには、まず銀行に融資してもらわなくてはいけないわけで、それには、住宅ローン審査に通らなければいけません。住宅ローン審査は、どんなところを審査するかというと、完済時の年齢と借りいれ時の年齢ですね。借り入れ時は、20〜70歳くらいまでで。完済時年齢は、80歳くらいまでです。でも、50歳で、30年ローンが組みたいと申請しても、審査に通ることはないと思います。やはり、ある程度余裕をもって、20年ローンくらいにすれば審査が通りやすいですね。

年収と返済負担率も審査の対象になりますね。返済負担率は、ローンの年間返済額を年収で割ったもので、だいたい、25〜45%くらいが審査に通る目安とされています。年収が高いよりも、勤続年数が長い方が審査に有利みたいです。それは、なぜかといえば、勤続年数が長いほうが、安定していると思われるわけで、転職が多く、勤続年数が短いと、職を失って、ローンが支払えなくなる心配があるからです。派遺社員や、契約社員などは、やはり安定性にかけるため、融資は対象外となります、ただ、勤続年数が長い、契約社員なら、安定した収入があるとみなされ、審査を通ることもあります。債務状況もしっかり調べられますね。借金がある場合は、すべて完済しておいた方が、審査は通りやすくなると思います。カードローンで返済が遅れたことがある人なども、審査に落ちやすいので気をつけた方がいいですね。あと、健康状態も審査の対象になるので、気をつけた方がいいです。審査が通らないときは、いろんな事情があるので、もう一度みなおして、いろんな金融機関に相談してみるといいと思います。

Copyright (C)2017住まい購入は住宅ローン審査から!.All rights reserved.